その働き方改革ちょっと待った!

その働き方改革ちょっと待った-札幌のセンテイ社会保険労務士事務所

働き方改革ー
貴社では順調に進んでいるでしょうか?
「働き方改革」という言葉それ自体は、ここ3年ほどの間でやたらと目や耳にした言葉ですよね。
ただ、その言葉の意味は使う人によってまちまちで、微妙なズレが生じているようにも感じられるのは私だけでしょうか。

そもそも働き方改革とは…

厚生労働省の働き方改革特設サイトによると、「働き方改革」とは次のように説明されています。

働き方改革とは

「働き方改革」とは、働く方々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革です

日本が直面する「少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少」、「働く方々のニーズの多様化」などの課題に対応するためには、投資やイノベーションによる生産性向上や、就業機会の拡大、意欲・能力を存分に発揮できる環境をつくることが不可欠です。

働く方の置かれた事情に応じて、多様な働き方を選択できる社会を実現することで、 成長と分配の好循環を構築し、働く人一人ひとりがより良い将来の 展望を持てるようにすることを目指します。

この改革の実現のために、厚生労働省は働き方改革の3つの柱を据えました。
そして、この3つの柱は「働き方改革関連法」という形に集約され、2019年4月から順次施行されています。

働き方改革の3つの柱

  1. 長時間労働の是正
  2. 多様で柔軟な働き方の実現
  3. 雇用形態にかかわらない公正な待遇の確保
あやふやな「働き方改革」の意味

とあるコンサル会社が、2017年1月から2019年4月にかけて企業の実態調査を行ったところ、働き方改革に成功していると答えた企業が1割程度しかなかったという記事を見ました。

でも、これには少し違和感を覚えます。
というのも、働き方改革関連法が施行されたのは2019年4月。関連法の内のいくつかは中小企業においては2020年4月施行。
つまり、働き方改革関連法が施行される前から成功か失敗かを論じているわけです。

このように、「働き方改革」を語る際に、働き方改革関連法という側面をあまり考慮に入れていないように見受けられるケースが少なくないように感じられます。

一方で、私たち社会保険労務士は、「働き方改革」を働き方改革関連法の順守という側面だけで捉えてしまう傾向があるのかもしれません。

これが前述した「働き方改革という言葉が、使う人によってまちまちで、微妙なズレが生じているようにも感じられる」ゆえんです。

法令を守ることが目的ではないとはいえ…

働き方改革は、もちろん、法律を守ること自体が目的ではありません。
でも、法律を守らなくてよいわけでもありません。
何をもって「改革が成功した」と捉えるかは様々でしょうが、成功だと思っていても一方で法違反に問われては元も子もないでしょう。

例えば、ある会社では年間休日を10日増やす施策をとりました。経営陣は「これぞ我が社の働き方改革だ!」と胸を張ります。
一方で年次有給休暇の取得はゼロ。
この会社は、働き方改革関連法によって年次有給休暇を少なくとも5日は取得させなければならなくなったことを知らなかったのです。

年間休日が10日増えたのだから、年次有給休暇が取れないことには目をつむろう。いや、むしろ5日の年次有給休暇より10日の休日を与えている方が余程「改革」が進んだと言えるのでは― 
企業側としてみれば、そんなふうに考えたくもなるかもしれません。

けれど法律はそれを許さない。
このままでは法違反として労働基準監督署の是正勧告を受け罰則を科されることにだってなりかねないのです。
さらに言えば、たとえ休日が増えても、従業員の目には法令を守らないブラックな会社としか映らないかもしれません。
それでも「働き方改革は成功した!」と胸を張れるでしょうか?

まずは働き方改革関連法を知りましょう

法律を無視して-いや、無視しないまでも法律を知らずに働き方改革を進めている企業はいったん立ち止まるべきでしょう。

まずは法律を知りましょう。
そのうえで働き方を改革していきましょう。

というわけで、次回は働き方改革関連法の全体像を見ていくことにします。

画像をアップロード

貴社の就業規則を診断いたします

貴社ではモデル就業規則をそのまま使っていませんか?
貴社の就業規則は経営者も従業員も安心して業務に邁進できる内容になっていますか?
就業規則作成の豊富な実績と経験を有する当事務所が、貴社の就業規則を診断いたします。