就業規則、未払残業代請求対策に関しては札幌のセンテイ社会保険労務士事務所にご相談ください


就業規則あんしんサポート
経営者も従業員も安心の就業規則
事務所概要  料金のご案内  お問い合わせ  トップページ
就業規則サポート
就業規則サポート
その就業規則で会社を守れますか?
なぜ就業規則が必要なのか
危険!モデル就業規則
会社も社員も安心の就業規則
就業規則診断
就業規則あんしんパック
未払残業代トラブル対策
急増する未払残業代請求
未払残業代請求時代の到来
未払残業代はこうして請求される
こんな労働時間管理が危ない
未払残業代請求リスク診断
残業代削減コンサルティング
運営事務所案内
センテイ社会保険労務士事務所
特定社会保険労務士 泉亭 実
札幌市東区北51条東6丁目5-18
TEL  011-711-8638
FAX  011-398-7409
事務所概要
代表プロフィール
顧問契約
顧問契約のメリット
選べる二つの顧問契約
料金のご案内

就業規則セミナー

011-711-8638

メールはここをクリック


選べる二つの顧問契約

セミナー講師・執筆承ります



就業規則診断申込み受付中
就業規則あんしんパック

 なぜ就業規則が必要なのか


Q:なぜ、就業規則は必要なのでしょう?
A:法律で決まっているから。

間違いではありません。

就業規則とは、会社で働く上で従業員が守らなくてはならない規律や労働条件を定めて明文化したものをいい、労働基準法では次のように定められています。  

 1. 常時10人以上の従業員を使用する事業主に作成義務。  
 2. 労働基準監督署への届出義務。  
 3. 従業員への周知義務。

もし、労働基準監督署に調査に入られたら、就業規則の有無は必ず調べられます。
作成や届出をしていなければ労働基準法違反として罰則がありますし、何よりも「就業規則すら作っていない会社は、叩けば他にもほこりが出てくるんじゃないか?」と、目をつけられやすいのです。ですから就業規則の無い会社はすぐにでも作る必要があります。

しかし、「法律で決まっているから」というのは就業規則を作成する理由の一つにしか過ぎません。
これだけを理由として就業規則を作ってしまった会社の多くは、危険な落とし穴にはまってしまうことになります。

実は、就業規則は、「合理的な労働条件が定められており」「労働者に周知させていた」という2つの要件を満たしている場合には労働契約の内容となるとされています。
そして、この契約内容は、個別の労働契約よりも優先されます。

大事なことなのでもう一度書きますが、【就業規則は、合理的な労働条件が定められており、労働者に周知させていた場合には労働契約の内容となる】のです。

就業規則が労働契約の内容となり、しかも、その契約内容は、個別の労働契約よりも優先されるわけですから、「就業規則は、紙切れに過ぎない」などという考えは非常に危険であるといわざるを得ません。



危険!モデル就業規則につづく⇒





  お気軽にご相談ください。【初回お問い合わせ、お見積もりはもちろん無料です】
011-711-8638 メールはここをクリック!
受付時間 9:00〜18:00(月〜金) 24時間いつでも送信可能です




お問い合わせ  就業規則診断  就業規則あんしんパック  顧問契約  事務所概要  料金のご案内  プライバシーポリシー/免責事項
Copyright(C) 2007  センテイ社会保険労務士事務所 札幌  All Right Reserved
このサイトの文章・構成・デザインの無断転載、転用、改変を禁じます。

--> -->